So-net無料ブログ作成

独房生活のフレンダー君 [Diary@KOBE]

 

昨日 病院に連れて行き 診てもらったところ

      少しですが快方に向かっている様です。

やっぱり反応がにぶいので まだまだ 絶対安静にしていないとダメなんだそう・・・。

 

お薬を飲ませているので 華奢なフレンダー君ですが

          「どっから そんだけ出んねん!?」ってくらい おしっこが出ます。

 

 

 

 

 

                    

 

 

                                   ・・・・・・・いじけている・・・・・・。

 

 

 

 

                    

 

 

                                  ゴキゲンをとってみる・・・・・・

 

 

 

 

                    

 

 

                                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

                    

 

 

                                 なっ・・・・・  ”フンッ” だとぉ~? ・・・・・・・

 

 

 

 

                    

 

 

                                 あっ・・・・・     すねた・・・・・。

                         

 

 

 

 

        一方 パトラッシュ君は その頃・・・・

 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

ネーミング ~パトラッシュ編~ [Patrasche&Flender&Rodem]

               ←38日齢のパトラッシュ君

 

     脳ミソの細胞が ”ブサイク”に侵食されながら

 

 

                 「名前 何にしよっ♪」

 

 

 

犬と育った私ですが

   子供の立場であり 妹の立場だった私に ネーミングの権利なんてまわってくるわけがありません。

         

 

チャウチャウの名前を決める父抜き家族会議が

               なぜか ”餃子の王将”で・・・  おこなわれた。             

                      (私の”餃子の王将”初体験だったが切ない思い出となる)

 

 

             「”ヨーゼフ” か ”小鉄”にしよぉよぉ♪」  

 

                        と言う私の意見はかき消され 

 

                   

 聖子ちゃんファンの兄の意見に母が賛同し ”アリス”と名付けられることに・・・。

                      (当時 聖子ちゃんの「時間の国のアリス」が流行っていた・・・・。)

 

 

 

 

ある日 母は野良犬を連れて帰って来た。

 

         お鼻の周りが黒く おめめの大きなかわいい顔の 

                 虐待されてこともあって ガリガリのワンちゃん・・・。

             シェパードと芝のミックスの様な顔立ち・・・。

 

         このときは 兄は留学していたので 

 

                    わぁぁぁい 私の番だぁ~♪  

 

       「”パトラッシュ”にしよぉよ♪」

       「イヤ!!」

       「・・・・・・・・・   へっ?」

       「もう お母さん ”ボンちゃん”って決めてるねん♪

                   お盆に拾ってきたから ”ボンちゃん”!!   ねっ!     ~♪」

       「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」

 

 

 

 ”ヨーゼフ”と”パトラッシュ”に未練を残したまま 月日は流れ

          後に ポメラニアンの赤ちゃんをもらうことになるが

                  そのすがたかたちから つい 私が”タヌキさん”と名付けてしまった・・・。

 

 

 

 

              ”ヨーゼフ”   と   ”パトラッシュ”・・・・

             

          それは   ”未練”   から   ”ロマン”   へと

                       Pashamakiの中で変化していった・・・。

               

  

 

         

    脳ミソが犯され ただただ”ブサイク”が欲しいと思った一日だけ

                 や・・・ やらしい話が 金額的に迷っていた一日だけ

                           ”ヨーゼフ”  って決めていた・・・・・

 

 

                                     注;"ヨーゼフ"とは「アルプスの少女ハイジ」に出てくる

                                                  かたつむり好きのセントバーナード犬

 

 

 

   顔をなめられた瞬間 

       ”ブサイク”から”ブサイクな天使”に・・・

           私にとって 一瞬にして宝物ちゃんになってしまったのである。

             

      

  

                やっぱり    ”パトラッシュ”  にしよぉっと

                

 

                                 

 

 

 

     「そんな顔ちゃうやん こいつっ!!」   Mちん

                 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

     「似合わへんっ!! プーにし!!  プーっ♪」  みか姐

                   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ へっ?

 

 

     「なんか ベタな名前やなぁ・・・」   BarEQUISのマスター

                     ・・・・・・・・・ えぇやんか・・・ 別に・・・。

 

 

      「そんな 賢ないやろ こいつ・・・」   かねごん

                         ・・・・・ ほっといてくれ・・・。

 

 

 

 

     ”パトラッシュ”って名前をつけたことに まぁ それはそれは みんな 非難してくれたのである。

 

 

 

      「”パトラッシュ”って 最後 死ぬ犬やん」 

      「かわいそうな犬の名前にしてんなぁ」 

 

 

 

           ”ヨーゼフ” から ”パトラッシュ”に変えた理由は ”そこ”なのだ・・・。

 

 

 

      「フランダースの犬」の”パトラッシュ”は 

                たしかに 時々 虐待され 最終回は  昇天する・・・。

   でも 大好きなネロに愛され 大好きなネロと一緒に死ねるのである。

                              こんな幸せってないぢゃないかぁ~。

       どちらかが 取り残されるほど そんな 悲しいことって・・・・

 

   

  ”パトラッシュ”・・・・

 

            それは・・・・・・・

                 

   顔をなめられた瞬間 

         離れられなくなってしまったPashamakiの

               ロマンとなんとも自分勝手な気持ちを押し付けた 

                                                  愛しく思う気持ちのこめられた名前なのである・・・・

 

 

 

 

                               が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

 

 

                   

 

 

           この顔を見ると・・・・  

 

 

 

                       ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

                     何かを間違えてしまった様な気持ちになるのである。

 

 


nice!(0)  コメント(8)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

"キリスト誕生" を教える・・・ [Diary@KOBE]

クリスマスイルミネーションだと思っている人が多いらしいですが 本来は 阪神大震災の犠牲者追悼と神戸復興の願いを込めた「神戸ルミナリエ」。 先週で終了しましたが 交通規制で不便になった三宮周辺に 「もぉ そんな時期(師走)かぁ」って思いながら せわしくなく素通りする神戸人は私だけぢゃないはず・・・。

 

 

震災を経験し人ごみが苦手なPashamakiは どちらかというと"イエナリエ"を見て 「おぉ クリスマスやん♪」と思う・・・・・。

 

 

そして今日はクリスマス・・・。

 

・・・・・・・・・・・キリストの降誕を祝う祭で、英語で綴ると"Chritmas"で、これはキリスト"Christ"のミサ"mass"の意味。この日にプレゼントを交換するのは、一説には、それはキリストへの誕生日プレゼントであって、「わたしの兄弟であるこれらの最も小さい者のひとりにしたのは、すなわち、わたしにしたのである」(『マタイによる福音書』25章40節)という言葉に由来する・・・・・・・・・・・・

 

                                  ・・・・・・・・・・・らしい。

 

 

 

               キリスト教圏出身のちびっこギャング達に 

                       "キリスト誕生"について教えようと 

                                 昨日 馬小屋見学に行ってきました。

 

 

 

 

続きを読む


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

出会い・・・ ~パトラッシュ 後編~ [Patrasche&Flender&Rodem]

前回のつづき・・・・

 

      その日そのまま 店に出勤したPashamakiであるが・・・

 

 

 

           ブサイク ブサイク ブサイク ブサイク・・・・・・  欲しい・・・

 

 

       ・・・・・   欲しい・・・

 

 

        ブサイク ブサイク ブサイク ブサイク ブサイク ブサイク ブサイク・・・・・・

 

 

         ・・・・・・

 

               Pashamakiの頭の中は ブサイクな寝顔で飽和状態に・・・。

 

 

 

 

     Pashamakiが崇拝している後藤久美子の愛犬もフレブル・・・。

 

 

 

     Pashamakiが凹んだときに見る写真のフレディ君もフレブル・・・。

 

        ←YASちんのフレディ君・・・。 当時 この顔に癒してもらった。

 

 

 

 そんなわけで フレブルに対しては ひいきな気持ちを持っていたが  

    犬種にこだわりの無いPashamakiは 

            ブサイクな寝顔に脳みそが侵され 

                  既にブサイクなら何でも良くなっていたのである。

      一日にして洗脳され ”ブサイク” が欲しくなってしまっていた・・・・。

               

 

 

 

    フレブルの半額くらいのボストンテリアにしよっかな♪ 

 

 

         そう 去年の今頃は 既にフレブルの値段は跳ね上がっており

                                   ”えぇ値”がついていたのである。

     

 

           

  ところがである・・・ 

    ついてきてもらったみか姐が

           「相性ってあるから 両方とも抱かしてもらい!」

 

           二匹とも抱いたのであるが・・・・・

 

 

                ペロペロ ペロペロ 

                    Pashamakiの顔をなめてくれた ぶさいく・・・。

  

                  

                             かわいぃ

 

               ・・・・・・・・・・・

     

         で でも・・・・  こ・・・ こっちって・・・・

                     高いほうのブサイクぢゃねぇか・・・・・。

 

              出来れば ボストンテリアに舐めてもらいたかったのである。

 

 

           く・・・ くそぉ・・・・・

                     

 

                      「このブサイクください」

 

           

           

        ←養子縁組の翌日のパトラッシュ(生後38日)とみか姐    

                             

 

 

 

    ふじPにも もちろん報告・・・・

 

      「なかなかやるなぁ おまえ・・・・  褒めたるわぁ」

      「う うん」                  (関西人は何を褒め出すかわからない・・・。)

       

      「どっち買ってん?」

      「ブサイクで高い方・・・」

      「おんなじ ブサイクやったら そら とことん ブサイクな方が えぇで♪」

      「・・・・・・・・・・」

 

      「近所にな かわいい店あんねん。 そいつの服 買うたるわな」

      「わぁぁぁい やったぁー♪」        (それから一年経つが 一度も買ってもらったことは無い・・・。)

 

               ふじPとパト  

 

 

 

 Pashamakiの仕事柄 生後40日には パシャのスタッフとしてデビュー・・・ (虐待ちゃうん?)

      「フランダースの犬」のパトラッシュの名を受け継ぎ  

            パトラッシュのごとく 親の家業を手伝わされることとなる。

       

                                             

 

      

  そして それから一年・・・・  

 

      いろんな寝顔(かわいいバージョン ぶさいくバージョン)のパトラッシュ君・・・。

 

      後にやってきたフレンダー君とともに すくすく すくすくと 

                   でも やっぱりブサイクに育ってくれた・・・。

 

 

 

 

  本当に ありがとぉ  仕事手伝って いや ママの子になってくれて・・・

     パトラッシュ君っていう宝物のおかげで ママはフレンダー君っていう宝物にも出会えたよ・・・。

 

                             

                     


nice!(0)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

出会い・・・ ~パトラッシュ 前編~ [Patrasche&Flender&Rodem]


        ちょうど一年前に この道を通った夜 ♪
        昨日の事のように 今はっきりと想い出す ♪

    

                      シャンパン飲んだせいで Pashamakはi酔っ払い ♪
                      ミニブタ売ってるせいで  ペットショップに入った ♪    

      


                 ペットショップの君は まるで子豚のように ♪
                 微笑みを浮かべたまま 眠れる森の妖怪 ♪

 


     つついて起こしたマキを 恨めしそうににらんで ♪
     いびきをブヒブヒかいて 白目をむいて眠った・・・ ♪

 

 

                      何でもないような事が 幸せだったと思う
                      何でもない夜の事 二度とは戻れない夜

 

 

 

 

 

ちょうど一年前の今日 パトラッシュ君を抱きながら 「このブサイクください」と つい 言ってしまったのである・・・。

 

 

 

 

 

一年前の昨日 私は ふじPとイタリア料理を食べた後 同伴出勤をすべく フラフラ~と歩いておりました。

 

           「ミニブタいます!!」              ・・・・・ん?

 

 

 

    ペット飼育不可マンションに住んでいたPashamaki・・・

    あきらめていた ペットライフ・・・・

    ミニブタなら 飼えるかもしれない・・・・

 

 

 

 

「ブタって吠えませんよねぇ? 散歩させないとダメですか?」等々 

最後にふじPが 「んで 結局 どれくらい大きくなるん?」

          「私の知り合いが飼ってるミニブタちゃんは70kgあるって言ってましたねぇ」

          「おぃぉぃ それやったら ただのブタちゃうんかぁ?」 

          「そんなん 内緒で 飼われへんやん   私より重いやん・・・」 

かくして ”ミニブタライフこっそり計画”は失敗に終わることに・・・。

                     (ミニブタは育て方次第で小さいままに育てることも出来るそうです。)

 

 

何気にペットショップを見回していると 

       マキ  「ぅわぁぁぁ ブチャイク~」 

               ボストンテリアの赤ちゃんである。

       ふじP 「おい ここにも もっと ブサイクおるぞっ!!」

       マキ  「えっ  ぅわぁっはっはっはっ ぶぅっさいくぅ~ わははは ひどいなぁ~」

 

 

 

 

              その”ひどいブサイク”が 後のパトラッシュ君となるのである。

 

 

 

 

     イメージ図    (生後43日のパトラッシュ君の寝顔)

 

       さすがに ペットショップのケージの中で寝ている写真はありませんが

                                 こんな様な顔で寝ていました。

 

 

 

 

 

                 これじゃぁ あんた 売れないよ・・・。

                             間違いで買ってしまったけど・・・・私は・・・。

 

 

 

                                             つづく・・・・・

 


nice!(0)  コメント(12)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ペット

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。